スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会話と営業交渉 ─相手が舐める時、認める時─ 脳が活性化している人は違う

会話と営業交渉 ─相手が舐める時、認める時─ 脳が活性化している人は違う 会話にコミュニケーション、社会生活に欠かせないだけに得意になるべき


人間は言葉を操る、それでコミュニケーションをとるからこそ、会話が生まれる。
社会活動をするからこそ、営業や交渉が必要になる。 

私のような企業経営に携わる者にも会話は必須だし、専業主婦も公園でのママ友との会話がある。 
学校に行ったら会話をする必要があるし、男女の交際だって会話が肝心だ。 
当たり前だが、我々は会話から逃れられない運命だ。 

会話やコミュニケーションに劣等感があるといくら勉強して会話スキルは向上しない


だから会話が苦手な人間は、一生コンプレックスを抱えることになる。 
社長も経営者も弁護士も医者も政治家も、どんな職業でも会話への苦手意識を持っている人は少なくない。 

会話が苦手な人は、それで失敗したら相手から舐められるという意識(怯え)がある。 
その怯えが、ますます相手から舐められる要因になる。 
この悪循環から逃れる術はなかなか無い。 

会話や交渉で相手から認められる人、爪弾きになる人


私もかつてそうだったけど、今ではコンプレックスはつゆほどもなくなった。 
毎日営業交渉ごとがあるだけに、つくづく感じる。 

今回は、
なぜ相手から舐められる会話をしてしまうのか? 
相手が自分を認めてくれる会話とは何なのかを話していきたい。 

是非、一生つきあわざるを得ない会話が得意になって下さい。 
そうなれば、毎日毎日ため息をつかなくてすむようになる。 

自信がなく知恵を使って喋ると脳が思考停止してしまう


会話や営業交渉で相手から舐められる、低く見られる、あるいは「こいつはダメだ」と思われる話し方は、実は知恵を使って自分を守りながら、話している時がほとんどだ。 
つまり、自信がない、ということ。 
自信がないから、考えて話すことや相手の反応をますます気にして、脳が鈍って働かなくなる。 

そのくせ、うまく話そうとするから、会話に負荷がかかり、会話のキャッチボールができなくなる。 
エネルギーがそこにはないから、相手の心に響かない。 

このエネルギーは、大げさに大きな声で話すという意味じゃないです。 
それは、話し手の全身から滲み出ているものです。 
このエネルギーを焦りや不安の感情、そして小細工的な知恵が消してしまうのだ。

話し相手、交渉相手に退屈を感じさせる原因

 
知恵を使って話している時、話し相手は退屈に感じ、「それまでの男」と認識してしまいます。 
何ら感情を動かすことを言わないし、ありきたりの文句しか並べられない。 
話し手自身のキャラクターが感じられないから、何ものかもわからなくなり不安に感じたりもする。 

話し相手の態度をますます話し手が感じると、いよいよ進退窮まって「やばい、どうしよう」となってしまうのだ。 
この怯えと自信のなさが、話し相手から舐められる、低く見られてしまう大きな要因となります。 

もしこの悪循環にはまっている人がいたら、うまくいかないのはこういうことがあると知るといいと思います。 
私も変な循環にはまってなかなか抜け出せませんでした。 

脳が活性化している人、自信のある人、同じ言葉でも説得力が違う


逆に認められる話し方とは、これとは真反対の時です。 
脳が活性化している人の言葉はどこか強さとエネルギーがあり、説得力を感じてしまう。
上手に話そうとか、相手から認められたいとかそんなもの関係なしに、伝えたいことを感情を込めて伝える。
そして主体的に自己主張するところはして、自信があろうが無かろうが(ここは重要)、相手に伝えてやるんだという気持を持つことです。 

このときの気持がオーラを出してくれます。 
それは言葉ではいくら頑張っても出せないことです。 
エネルギーとはオーラでもある。 
オーラとは気持でもあるし、エネルギーでもある。 

  • 「俺はやるんだ、やってやるんだ!」 
  • 「絶対成し遂げてやる」 
  • 「口下手でもいい、だからこそ丁寧にしっかりと気持を込めて伝えてやるんだ」 
  • 「この商品は本当に素晴らしいから、相手にわかってもらいたい!」 

これらの気持ちが相手の心を動かせる。
脳がぶれない状態で活性化していて、そこからうまれた魂が、相手の脳をも溶かしていく。
心が動かされたってことは、会話相手(交渉相手)からすると、「なかなかやる人物だ」という評価につながるわけです。 

最初からうまく話す必要はない、会話は毎日訓練できるのだから


最初からはうまくいかないものだし、訓練をしていかないといけない。 
私は会話の格闘術などを通して身につき、それを仕事の時に実戦して、訓練していきました。 

会話は毎日存在するものだから、いくらでも訓練の場はあるってこと。 
毎日休んでいる暇はない。 

気持が言葉よりもはるかに重要だということを強く言いたいです。 
関連記事
スポンサーサイト

コメント

経営者です

3代目の社長です。しかし部下がついてこないことが多く、原因を探っていたところ、このブログと出会いました。
よい師匠をもたれてうらやましい限りです。
部下を引っぱっていける人間、ついてこない人間の差がよくわかる記事ですね

上っ面だけのテクニックじゃ人はついてきませんよね。
逆効果になるなと感じました。
どうしてもそれをしてしまうんですが、もっと根本から会話上手になって行かなくちゃいけないんですね
非公開コメント

シウンのプロフィール

shiun(シウン)

Author:shiun(シウン)
IT企業社長のブログ。人間関係に悩み、独立したもののコミュニケーション能力、営業力、交渉力のなさを痛感。倒産寸前、一念発起でそれら向上に励む。人間心理訴求の達人であるカリスマ講師とその会話の格闘術プログラム、脳覚醒プログラムとの出会いで、劇的にコミュニケーション能力向上。ひいては交渉術が上達。

この大不況の影響をひしひしと感じながらも、逆境に立ち向かっています。社長業をやっていると、たくさんの傑物、怪物、愚物に出会います。その差はどこから来るのか? 結局高い目標とそれを達成する力、リスクを好む生き様によって、変わってきます。さらに脳を覚醒させるために日々奮闘しています!

会話術は話し方の技術ではなく、自分自身の生き様の発露である
(シウン)
シウンのメールアドレス(ブログ内容に関係することなら歓迎です。メール待っています!)

シウンへのメールフォーム

シウンへのメールはこちらから。ブログの内容に関連したことなら何でもどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽に、お手軽にどうぞ。仕事の合間合間に返信したいと思います。本気で自分の脳と潜在意識を打破したい方

おすすめリンク・相互リンク

我が師範の会話の格闘術プログラムへのリンク。 相互リンクして下さっている方へのリンク。 成功するためのおすすめのサイト、ブログへのリンク。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。