スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出世する奴は人間力があり交渉術スキルを獲得している

自己啓発書と人間力を高めること、脳力開発。出世できる人間できない人間の差

人間力は自己啓発書で高まらない


本屋に行けば、自己啓発書のたぐいが、そのコーナーにたくさんおいてある。 
まあ、よくここまで色んな種類があるなーと毎回感心してしまう。

 人間関係を向上させるスキル、営業術や交渉術、コーチングや女性にもてる方法まで、いくらでも「人間関係」をよくするためのノウハウ本があふれてる。 
それだけ人間関係を向上させる教えの需要があるってことなんだな

裏を返すと、コミュニケーション能力不足で苦しみ、人間関係でストレスを抱えている人の数に比例しているんだろう。 

人間力がない人にとり職場の人間関係はストレスでしかない


職場の人間関係には本当に苦労する。 
あこがれの仕事だけど職場の人間関係が悪いケースより、人間関係が良くて希望していない仕事のほうがいいのかもしれない。
一番のストレスは人間関係から発するのだから。  

人間関係さえ良好ならば、仕事だって励みになってくるだろうし、チームワークも向上して、チームとしての仕事を楽しめるかもしれない。 
職場の人間関係は、我々仕事人にとって、永遠のテーマだろう。 

経営者やトップの孤独 社員との人間関係


社長だってそうだ。 
横並びの人間関係はもう関係ないけれど、人材を扱う意味では避けて通れない。 
やはり気持ちよく仕事をしてもらいたいし、その家族ともども幸せになって欲しい。 
しかし孤独だ。
部下に本音を打ち明けて相談することは決してできない立場だ。
起業しても人間関係は別の意味でついて回るのである。

自己啓発書は確認で読むべきもの


そこで自己啓発書、人間関係向上書の話になるのだ。
はっきりいうと、仕事が出来るやり手は、そんな本を読む前に、自分のコミュニケーション技術でもって、会社で活躍していると思う。

会話術についても実践で身につけているに違いない。 
そして、本屋で並ぶノウハウ本を読んだとしても、ただの確認に終わるんだろう。 
矛盾しているけれど、ノウハウ本を読んでいる時点で、人間関係向上を果たすための何かが欠けているということだからおもしろいものだ。 

人間力がないととことん苦労する


私もサラリーマンをやっていたときは、同僚や先輩で人間関係構築が巧みな人間に少なからず嫉妬を覚えた。
同時に羨望も持った。 
「なんで俺って駄目なんだろう?」何度自問したんだろうか? 

自分が人間関係が苦手・コミュニケーション能力にコンプレックスを持っていたのは、そのときに始まったことじゃない。 
けれど、明らかに仕事を処理する能力、アイデア発想力が自分より足りないと思う人間が、人間関係向上スキルを持ってのびのび仕事しているのを見ると、腹立たしかった。 

その劣等感のはけ口が、私を独立起業に向かわせた大きな理由だった。 
コミュニケーション能力を有するものは、そいつの実態以上に「仕事が出来る」と見なされる。
だから出世も、人間関係が苦手な人間に比べて早いのは確か。

仕事ができる人間は結局人間力を持っている


つまり「仕事が出来る人間」とは「コミュニケーション能力に長けた人間」だということになる。 
もっというと、話し方が巧みだ。 

もし、人間関係を一切拒否して、名誉と出世を得たかったら、研究者になるしかないと思う。
それは理系、工学系の分野だ。
今更私にとって遅かった。 

出世するには、人間関係が苦手なんて泣き言を言ってられない
そこであきらめてしまったら、一生劣等感を抱えて生きる羽目になる。 
劣等感を見ないようにしても、職場の人間関係は毎日続くわけで、嫌でも直面せざるを得ない。
それが退職まで続くのである! 



総合的に脳力を高め人間力を高めて、人間関係向上スキルを獲得することこそ、一番の出世の近道だと思う。 
私も経営者の立場から見て、人間関係がとても得意な人を引き上げたくなる。 

いつも怯えて人の顔色ばっかりうかがっている人間や、すべてをあきらめていていじけている人間をそばに置きたくない。 
きっと、サラリーマン時代の私は、上司から「そばに置きたくない奴」「引き上げたくない奴」と思われていたかも知れぬ。 
少なくとも、対人スキルを持っている奴らより、優先順位は相当低かったはずだ。 

冷静に考えてみると、私も当時の私を出世させようとしただろうか? 
うーむ、言いたくないが、させたくないだろう。 

頭の回転が速くなった現在の私をぜひ雇ってみたい


今は? もちろん直属の部下に置きたい!
もちろん、贔屓目無しでだ。 

昔と比べて、脳力がとても上がったと思う。
頭の回転が早くなったし、即断即決できる。
交渉術も向上し、商談相手に気後れしない。
結果を出せる自信も持っている。
人間力はだいぶ上がったと思う。

部下は期待通りに動かない


私はいつも思う。
もう一人私の分身がいれば、もっともっと会社が伸びるのに。 
そこが会社人事の難しいところである。 
部下は期待した通りに動いてくれない。 
そこが会社経営の苦労するところなのだが、楽しいところでもある、、、、かもしれない。 

ちなみに私は今の自分に満足している。
昔は「いいところもあるが、ちょっとなぁ」であった。 
 経営者、上の立場になってみて、はじめて「こいつを引き上げ出世させてやりたい」「仕事を任せたい」と思わせる要素がわかった気がする。 

出世できるタイプ、できない人は変わるしか方法はない


出世させてやりたい人間は、自分との人間関係が良好なやつばっかりに限定される。 
これは人間社会の冷酷な現実である。 

その厳しい現実をふまえた上で、人間関係向上スキルと会話術をなんとしても獲得しなければいけない! 
事務処理能力が卓越してても知識が豊富でも、総合的に仕事ができる奴は、それ以外の要素も持っているのだから。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

シウンのプロフィール

shiun(シウン)

Author:shiun(シウン)
IT企業社長のブログ。人間関係に悩み、独立したもののコミュニケーション能力、営業力、交渉力のなさを痛感。倒産寸前、一念発起でそれら向上に励む。人間心理訴求の達人であるカリスマ講師とその会話の格闘術プログラム、脳覚醒プログラムとの出会いで、劇的にコミュニケーション能力向上。ひいては交渉術が上達。

この大不況の影響をひしひしと感じながらも、逆境に立ち向かっています。社長業をやっていると、たくさんの傑物、怪物、愚物に出会います。その差はどこから来るのか? 結局高い目標とそれを達成する力、リスクを好む生き様によって、変わってきます。さらに脳を覚醒させるために日々奮闘しています!

会話術は話し方の技術ではなく、自分自身の生き様の発露である
(シウン)
シウンのメールアドレス(ブログ内容に関係することなら歓迎です。メール待っています!)

シウンへのメールフォーム

シウンへのメールはこちらから。ブログの内容に関連したことなら何でもどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

お気軽に、お手軽にどうぞ。仕事の合間合間に返信したいと思います。本気で自分の脳と潜在意識を打破したい方

おすすめリンク・相互リンク

我が師範の会話の格闘術プログラムへのリンク。 相互リンクして下さっている方へのリンク。 成功するためのおすすめのサイト、ブログへのリンク。

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。